50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

もし自分がコロナになったら・・

このひきこもり生活が続くことが分かり、

いつか、緊急事態宣言が解除され、

仕事や学校が再開されたとしても、

コロナ以前の生活に戻るわけではなく、

コロナ感染リスクは常に存在したままで、

経済を回すため、社会を維持するために、

外に出なければなりません。

 

自分がコロナにかかってしまうかも、

家族の誰かが持ち込むかも・・・

というリスクを背負って、再開されるわけで、

今以上に、緊張状態になるような気がします。

 

自分たちも、闘いの前線に出ていくような感じです。

 

今のように、家族全員でひきこもって、

リスクを最小限に抑えることが出来なくなるので、

やはり頭の片隅には、

もし、自分が、家族が・・コロナになった時は

何をして、どう動けばよいのか?はあらかじめ考えておきたいと思います。

 

自分が体調はそんなに悪くなくても、陽性になって、ホテルなどに行くときは、

何をもっていけばよいのか?

 

そのまま死んじゃった場合、何をしていなかったら、後悔するだろうか?

 

そんなことを考えていきたいと思います。