50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

50代、もう好きに生きていいよね。

決めた!自分のしたいように生活しよう。

毎日、しなければならないことばかりで、

ダラダラ過ごしていると、

それをやっていない自分を嫌になったり、

罪悪感を感じたり・・。

 

しかし、コロナの生活になって、

しなければならなかったことが、どんどん出来なくなり、

したくないことも、

コロナを理由に自分を無理に追い立ててしなければならない社会的プレッシャーがことごとくなくなって、

毎日、することがなくなった。

 

したいことをする!!といっても、

お金も、自由も無制限にあるわけではないから、

ただ、一日中ゴロゴロしながら、

お菓子食べたり、

ネットで小説を読んだりして過ごしていた。

 

だんだん、土日のように自由な時間が有り余っても、

代り映えのない日々しかなくて、

そもそもしたいことがまくなって、

時間を持て余すようになってきた。

 

買ってくるお菓子も変わり映えのないものばかりで、

ダラダラに飽きてきた。

 

時々、パートの仕事をいれる。

人と話す。

面倒な立ち位置で踏ん張る。

 

そうすると、見える街並みが生き生きしてくる。

 

何の目的もなしに、

自由な時間、したいことなんでも出来る状態で、

町に出ても、

働いている人を見ては、

彼女は役割があるんだな・・いいなとうらやましく思うだけで、

私は、いなくても、社会がまわっていて、

疎外感を味わった。

 

自分が、安すぎる賃金、ブラックなバイトでも、

文句を言いながら

行かなきゃ!と腰を上げる

朝から、今日はバイトがある!

バタバタ急いで、家を出る

疲れて、家路を急ぐ

そんなことが、

自分もこの社会の一員になったような、

この世の中にいてもいいような

そんな充実した気持ちになる。

 

することがある。

役割がある。

って、生きている意味になるんだな・・と思うようになった。

 

コロナで休むまでは、

社会から、会社から、追い立てられるように、

しなければならないことばかり押し付けられて、

やってられないよ・・

こんな待遇で、こんな賃金で・・と思っていたのだけど、

そうでもない。

 

賃金の安いバイトは、

自分一人に追わされる責任が軽い。

替えがきくし、だれでもできる。

 

自分がしたくないとき、出来ないときに無理しなくてもいい。

 

社会から要求される責任や技能が多くないので、

気楽にできる。

 

それは、楽しいことでは?

 

お金が沢山あれば、

沢山使える。

 

誰もが羨む生活ができる。

セレブの生活を覗き見て、羨ましい!!と思ってきたけど、

その生活を成り立たせるお金を稼ぐために、

彼らが犠牲にしている、社会的な責任の重さや、

絶えず監視されているような息苦しい生活は羨ましい?

 

他人から羨ましがられない、特段注目に値することのない、普通の生活。

注目されないから、他人にごちゃごちゃ言われることもなく、

自分のしたいように、自分にあった生活を選択できる自由。

 

そうかんがえると、

捨てがたい。

 

自由。自分で決め、自分にあったものを選び取る自由。

 

自分の人生が、

親や、他人の価値判断で、あれやこれや規定され、

自分の気持ちに会わないものを押し付けられたり、強要されたり、

したくもないのに、

したいと思わされたり、

そんな不自由さは、もう必要ないのでは?

 

ステイタス!

社会的な価値判断が、

自分の気持ちにピッタリあうかは、分からない。

 

何も社会的経験のない、未熟な頃は、

何も分からないから、社会的な価値判断を参考にすることは、

自分にとってより良いものに出会う効率的な手段であったかもしれないけれど、

もう、50代。

 

結婚もし、子育ても終盤に差し掛かり、

あとは、人生の終盤に差し掛かろうというこの時期に、

もう、自分自身の気持ちにまっすぐに生きても良いのでは?

 

そう思うと楽になってきた。

 

今までは、自分の価値判断に、

社会的な視点が絶えず入ってきて、

周りからどうみられるか?も大切な基準だった。

 

少しでも、きれいに、上品に、見られたい。

女らしくないのでは?

マウンティングの張り合いにまけたくない・・。

そんなことに振り回されてた。

 

でも、

人との関係性は、年を取るとすくなくなり、

最後に取り残されたように、向き合わなければならないのは、

自分自身。

 

自分が心地よく感じるもの、

自分がほっとすること、

好きなこと、

大事なもの

そんなことに、素直に浸り

 

自分が嫌だと感じること、

ストレスに感じるもの、

不快なもの

を、避けたり、

避けることが出来なくても、

自分自身がそのことに気づいてあげたい。

 

そう思うと楽になった。

 

絶えず、このままの自分ではだめだ。

頑張らなきゃ!

変わらなきゃ!モティベーション高めなきゃ!

と思いがちで、

過食しながら、ハードなダイエットプラン考えたり、

運動しなきゃ!

これは食べたらだめ!

甘いものやめなきゃ!

なんて、自分を叱咤激励してしまっていたけど、

 

50代。今更、きれいなお姉さんにならなくてもいいのだ。

なれないけど・・

そんな無理なものを目指して、

ストレス感じて生きるより、

長生きするより、

 

食べたいときに、食べたいものを、食べた量たべて、

笑いたいとき笑い、

疲れたら休み、

ぼちぼち過ごして

穏やかな人のほうが、

 

眉間にしわを寄せ、

自分にも人にも厳しく、

狭い視野で、

ピリピリしている人より、

周囲の人たちを明るくして、

本人も幸せに年を重ねていけると思うのだ。

 

大事なもの・・自由。