50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

買い物も、食べることも、その人の価値観に縛られる

急に寒くなって、衣替えをしていると、

冬になるといつもそればかり着ていた、部屋着のズボンがない。

 

あ~あ、そうだ。

 

春先に引越の用意をしながら、

こんなボロボロのものを新居に持っていくのはヤダな・・と廃棄したのだった。

 

毎日、同じような服を着て、洗濯して、また同じような服を着る。

お出かけイベントがない限り、

おしゃれする必要がなければ、

洗いやすく、着心地が良く、汚れてもおしくない、

気の使わない、そんな服ばかりを着ている。

 

近所に知り合いがいなくなって、

誰に会っても他人だから、

格好つける必要もなくて、

ふと目にした鏡の中の自分がダサいな・・と思っても、

スポーツジムでそのまま汗を流したり、

仕事先で、身体の線が出ず、働く格好に擬態しやすかったり、

雨風に、暑さ、寒さに左右されにくい、

そんな服が一番便利だと、それらを着てばかりいる。

 

久しぶりに、買い物に行くと、

セール中だったり、種類が多かったりで、

いろいろなものに目移りする。

情報が多すぎて、

何を買えばよいのか、どれが欲しいのか、分からなくなる。

洋服の 買い物は疲れる。

 

目についたものの中から、一番お得なもの、一番良いものを

探し出そうと、頭をフル回転して、

いっぱいいっぱいになって、疲れ果てる。

 

衣服の買い物に自分ルールを課した。

 

生活をしていて、

必要だと感じたものを、書いておく。

その場面で、どういったものが必要なのか、条件をクリアにする。

 

私の生活場面になじむのはどういうものなのかをクリアにする。

 

どこに売っていそうか。どこに必要な機能を持ったものが、いくらくらいするか、まずあたりをつける。ネット情報を使って。

 

それから、店で、探す。

 

ちょっと手間や時間がかかるけど、

時間は有り余っているのだ。

その過程を楽しむことにする。

 

セール中でなくても、

すぐに安くなると明らかでない場合は、正規料金で買うことを厭わない。

 

お店に行った際に、みつけたお得商品や、目移りしてしまった新製品は、次のように対処する。

お得商品が、将来確実に必要になると、その場でクリアにイメージできない限り、その場で買わない。

新製品やよさそうなものを見つけたときは、情報としてインプットしておくだけにする。家に帰って、生活場面に立ち返って、それでも尚、欲しくなるようなら、

あとで買いたいものリストに付け加える。

 

買い物先で、舞い上がって、散財しないよう、

選ぶこと、購入することを慎重にしていこうと思う。

 

安いゴミを収集してばかりの今までの買い物を反省し、

本当に必要なものを、高くても、必要ならばきちんと手に入れるようになりたい。

 

きっと、

 

食べ方もそう・・。

安さ、甘さに流されて、ジャンクや安いお菓子むさぼってしまう毎日だったけど、

身体が本当に喜ぶもの、食べたいものは、

ちょっと高くても食べたらいい。

 

食べたい量やものを慎重に考えながら‥。

 

少々高くても、大量なジャンクに費やしていた代金より、トータルは少ない金額で、

高い満足感を得るような気がする。

 

私に根付いた貧乏性気質を

この年になったのだから、

そろそろ改善したいと思う。