50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

社交が出来なくなっている(ヤバイ)

人と話すのは、苦手ではないはず。

仮面をかぶって、初対面の人たちの中でも、

そこそこやっていけるはず・・。

数十年間、そうやって生きてきました。

 

それが、引っ越しとコロナが重なり、

普通だと新天地で、歓迎会や新歓といったイベントを通して、

様々な人と顔合わせしながら、

自分の居場所を作っていくはずでした。

 

それが、子供たちも私も、そういったイベントはことごとくキャンセルとなり、

完全なるひきこもり生活から始まり、

夏、秋と、少しづつ、町は通常の生活を取り戻しつつあるけれど、

私達は、一日中、長い間、家族以外に言葉を交わすこともなく、

仕事以外に、笑顔を作ることもなく、

時間だけが過ぎていっています。

 

町に出ても、マスクをし、人と交流することもなく、

距離を取り、

過ごしているので、

すっかり忘れてしまいました。

笑顔の作り方を、

声のかけかたを、

交流の仕方を。

 

ずっと一日中、自分だけで完結しているので、

人との会話が難しい。

スムーズに適切な言葉が出てこない。

相手の情報も、興味のないことなので、

覚えていない。

日常に、他人とのつながりがなくなっているから、

他人が何を考えているのか、

共通の話題が出てこない。

 

子供に最近よく言われる。

ママは、

自分の言いたいことをしゃべりだすと、止まらない。

同じことを繰り返して言っている。

相手が聞いているか、興味を持っているかあまり見ていない。

・・・

うん、発達障害の気がある・・。

 

今、思い返してみると、

小さなころから、勘違いしたコミュニケーションで、

思い出すと

顔から火が出そうなことって、沢山ある。

 

それが自分だと思っていたし、

当時は、自分を表現することでいっぱいいっぱいで、

周りがどのように感じていたかなんて、

客観的に見る目もなかったし・・。

 

そんな、こんなでも、

若かったときは、

ニコニコしていれば、

他人は好意的に解釈してくれたし、

どうにか周りにあわせるってこともやっていけたのだけど、

こんなに

周囲から切り離された環境にどっぷりつかっていたら、

いざ、仮面をかぶらなければならないときに、

取り繕えない自分がいる。

 

久しぶりの社交の場面。

当たり障りのない挨拶から、おしゃべりが始まって、

ついつい、自分勝手なおしゃべりをして、

相手を置いてけぼり・・。

只今、絶賛、反省中です。