50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

リビングライトの色

引っ越しをする前は、リビングにリモコンで色を変化させることが出来る

LEDのシーリングライトを使っていた。

 

今回、新しいリビングには、既に、べったりシーリングライトが貼りついていて、

備え付きだったので、賃貸の私たちは、それを使わざるを得ない。

 

蓋を開けると5本の直管蛍光灯。

色は電灯色。温かみのある色味。

しかし、

暗い。

 

仕事から疲れて帰り、

家で、ゆっくりリラックスしたい夫にとっては、好ましい色味らしい。

 

私も、週末の夜、何もすることがなく、

音楽を聴きながらのんびり過ごすには、

ムーディなこの色味は好ましいと思う。

 

しかし、

 

1日中、ほとんどの時間をここで過ごす私にとっては、

朝しゃっきり目を覚ましたいときも、

昼間のすがすがしいエネルギーに満ちた時も、

この色味の中にずっといなければならないわけで、

24時間ずっとダラダラ、のんびりモードで

昼間の切り替えがなく、

気が滅入ってくる。

 

カーテンを開けると、中が丸見えになると、

プライバシーを重視すると、

カーテン閉じっぱなし、

息子は、昼夜逆転で、真夜中もライトはつけっぱなし・・。

 

ほんとに、一日中同じ空間に閉じ込められ、

閉塞感が漂う。

 

リモコンで色味を変えることが出来ないから、

クール色、または、ナチュラル色に変えようと思う。

 

仕事終わり、蛍光色希望!の主人と折り合うには、

ナチュラル色だろうか。

ブツブツ言われるし、

5本も無駄にするしで、

なかなか踏ん切りがつかなかったが、

私が鬱気味に、どんよりが続くより、

ここは、重い腰を上げて、買いなおしたほうがいいだろう。

 

蛍光灯は廃棄もめんどくさいんだけれども・・。

 

よし!買いに行こう。