50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活スタートのはずが、コロナで引きこもり生活が1年以上続く。そんな中での毎日を綴ります。

ジム通い2週間超、何が変わったか

ダイエットと称する、単なるジム通い。

16日目かな、半月過ぎました。

 

風呂に入ろうと、服を脱いで、ふと目に入った鏡の中の自分を見て、

あら?すっきりした!

と思いました。

 

横から見たときに、

背中からおしりのラインの見苦しさが和らぎました。

おなか周りは相変わらず、出っ張ってますが、

おなか以外の醜さが、許せる範囲に収まっている。

 

なんか、嬉しい。

 

結構、朝早くにジムに行って、ひと汗かくことで、

日中、ソファーに寝そべって、

ダラダラスマホをいじって、

冷蔵庫を何度も開けて、

お菓子を過食することが少なくなりました。

 

なにか、しようという気持ちになるし、

夜は、疲れて、

結構早い時間に、スマホを辞めて、寝るし

日々、先延ばしにしてきたことをきちんと行うようになりました。

 

ダラダラつけっぱなしだったワイドショーも、

不快になったら、すぐにオフにするし、

テレビがついていなくても、

することがない・・退屈・・と不安に思うこともなくなりました。

 

時々、身体がしんどいかな?頑張り過ぎかな?と思うこともありますが、

夜早くからしっかり寝ることで、

朝はとりあえず、動けます。

寝ぼけ眼でも、

弁当作ったり、子供を送り出すことはしないといけないし、

そのままジムに行くことだけ習慣づけると、

しんどい時、忙しい日は、

ジム内でのルーティンを簡単にしたり、

歩くことを辞めたりして、

軽く流して、家に帰ると、そんなに疲れていないし、

時間もまだ7時半くらいなので、

そこから動けるのです。

 

止まらない過食も、

とりあえず2リットル分のお茶をペットボトルに入れ、

テーブルに出しておいて、

気がついたら飲むようにしていたら、

冷蔵庫を開ける回数が減り

アイスやジュース、お菓子を食べる回数が極端に減りました。

 

最近、新ショウガを薄くスライスして、かんたん酢につけただけのものを

口寂しくなる夕方に、食卓に出しておくと、

それとお茶だけで、

夕食までの口寂しさがなくなり、

とまらない過食にブレーキがかかり始めました。

 

ジム通い2週間で、一番変わったのは、

一日の時間の使い方。

上手くなりました。

 

朝一のジムが終わってからの一日。

午前に「しなければならないこと」

お昼食べて、午後からゆっくりしながら、したいこと。

4時くらいから、夕食準備を始めて、

8時くらいまで、家のことやって、

10時には寝る。

 

良いほうに変わっていっているような気がします。