50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活スタートのはずが、コロナで引きこもり生活が1年以上続く。そんな中での毎日を綴ります。

50代の服装について

今の引きこもり生活で必要な服は、

・ジムに行く服

・仕事に行く服

・近所の人に会ってもよい服(買い物)

それらは、動きやすくて、機能性が高く、

毎日洗濯しても丈夫で、手入れが簡単。

汚れや汗、撥水につよく、

軽くて、夏は涼しく、冬は暖かいもの。

奇抜でなく、身体の線が出ず、そこそこ好印象の服。

 

スポーツ用品店、特に山登りのズボン

ユニクロのTシャツ、パーカ

それが良い

 

大体決まったものなので、

古くなったらセールで買い足す。

 

そんな服を着倒して、

たまに、「おでかけ」イベントがあると、

昔の服しかなくて、買わなきゃ!と思う。

 

昔は、高いもの、ブランドものが買えたので、

それを引っぱり出すが、

鞄はともかく、

服は体形が合わない。

 

学校に行く。

初対面の人と公式行事であう・・

そんな年に数回あるかないかのイベントは、

鞄は昔のブランド物、

靴は5センチヒールを引っぱり出して、会場近くの車の中で、履き替える。

ストッキングをはいて、

髪をまとめ、化粧をして、

小ぶりなアクセサリーをして、

黒のワンピなんかを着る。

 

この頻度だとOKだが、

役員とかなってしまって、

頻繁にそういった場に行かないと行けなくなったら、

積む。

フォーマルすぎるのもおかしいし、

ちょうどよい、少し流行も取り入れた品のよさげな服を、

私はほとんど持っていない。

 

また、

昔のマウンティン合戦をやっていた頃の友人と

数十年ぶりに再会!というようなイベント。

 

すっごい頑張り感のあるフォーマルはおかしいし、

肩の力の抜け具合と、

その中でも醸し出される日頃の生活水準の高さを醸し出すような、

「怠惰な生活感の出ないカジュアル」やセミフォーマルといった現役感が欲しい。

 

そんなときの服が手持ちにない。

 

また、

日頃の買い物は郊外のショッピングセンターくらいだから、

いつもの恰好でいいけれど、

たまに、オフィス街や街の中心のような

現役バリバリの人たちが集うキラキラした空間に足を踏み入れてしまったときは、

普段の服装では、完全におのぼりさん状態に見えてしまう。

 

この年齢で、

そんな場所に

カジュアルな服装でいると、

どうみても「現役でない」部外者の雰囲気が漂うのはあきらか・・。

 

部外者でも、

せめて、

ホテルランチに来たの・・ってかんじの奥様や

年齢重ねても、しっかり財力のあり、

普段の買い物は百貨店でしかしないの・・というかんじの大奥様風だと、

存在がウエルカムされるような気がする。

 

金のかかる都会の一等地を生活圏にするだけの財力がありますよ!

ってかんじ

または、

裕福な観光客ですよ!といった雰囲気、

昔のマウンティング魂がうずいてしまって、

好きなんですよね・・そんな雰囲気が。

 

しかし、

そんな自分の生活水準とかけ離れた、何かのふりをして

相手にマウンティングかますランチをしても、

なんか疲れるだけで、むなしくて、

本当の心開いて、助け合ったりする友人になれないのは確か・・。

 

世の中には、

そのレベルで、同じ水準を保つことのできる50代以上は、

そんなにいないので、

そこに友人基盤を作ってしまい、

社交についやしても、

今後、年を取って、

身体を悪くしてて、友人のサポートが必要になっても、

そんな友人サークルの場から、足が遠のくだけで、

みじめな自分をさらしたくなくて、

交流がなくなり、

自宅に閉じこもりきりになっている、金持ちの高齢者を

よく見てきた。

 

孤独で、可哀そうだった。

 

年を取って必要なのは、

マウンティング要素のない、水平な関係。

お互い様で、

相手に迷惑をかけすぎない、親密さ。

 

そう考えると、

昔の友人との再会ってのは、私の場合、ダメかも。

 

ついつい、人の上に立とうとする癖がもたげてしまう。

特に

同窓会(男の人も来る)なんてのは、

ダメだ。

 

フェイスブックで、

まだまだ現役よ!って雰囲気を投稿しまくる関係の人達とも、

おつきあいが難しい。

 

年に一度の年賀状でいいのでは?

 

それよか、

今いる場所の、日常生活の中で、

気持ちよくすごせるほうが、

いい。

 

そんな関係の中で、

下に見られず、

がっかりされず、

同じ目線で、認められる服装。

 

媚びる「女」要素は必要ない。

とんがった感じもいらない。

常識の範囲内の価格のもの。

 

生活水準を心配してしまうような、安すぎる縫製、品質でないもの。

ブランドを前面に押し出したような、マウンティング要素もいらない。

みるからに、高そう・・っていうものも必要ない。

 

着やすそうで、

個性的すぎず、

流行の取り入れ方が、少しだけ(安いもので)

長年生きてきて、培った、自分に似合うものを見極める目で選んだものを、

大事にしている、良いものを、数年着まわしている感じ。

 

そんな気持ちで、

私に必要なものを考えると、

まず必要なのは、

歩きやすい靴。

ヒールがなく、長時間歩けて疲れない。

ホテルにも入れる。

出来たら、

雨にも、砂利にも強いほうがいい。

 

服も軽くて、信頼できる機能性のある服がいい。

 着ていて楽で、リラックス感があって、

しんどさや堅苦しさがない。

 しかも、上質で、品があって、

好印象を与えられる、真面目さのある服装。

 

生地がしっかりしていて、

安物でない色合い、

手入れに関しては、

ブラシやクリーニングは必要かもしれない。

まっ、たまにしか着ないから、いいけど・・。

 

軽い、上等なコート

目の詰まったあったかいセーター

顔色が映えるニットのアンサンブル

涼しげなワンピース

白の麻のブラウス

スカート・・

 

思いつつままに書いていて分かったけど、

ズボンよりもスカートかな・・。

 

足が短いし、

丸っこい身体だから、

お尻の線が出ないほうがいい。

最近は、背中の丸みも、二の腕も、ふくらはぎも、

首元も

堂々と出せるようなものではない。

 

夏でも7分丈、8分丈の袖やすそ、

落ち感のある、身体の線が出ない、素材。

 

ワンピやスカート、

甘すぎない、媚びすぎない、

女性のかわいらしさ。

 おばあちゃんが、

昭和の少女のようなワンピースを着ているのは可愛い。

清潔な女性らしさ。

 

年をとってもかわいらしい

そんな服が欲しい。

 

形はシンプルで、

基本に沿って、

あまり変わり映えがしないけれど、

色や素材で、

季節を表す。

 

春は春らしさ+グレー、ベージュ

夏はさわやかさ 白、紺、青

秋は、こっくりとパープル・茶・

冬は高級感 黒や温かさ ファー ゴールド 

そんなイメージで、

その時のTPOや雰囲気にあった服装。

 

少しずつ揃えていきたい。

これまで、

教育費で頭がいっぱいで、

衣服費用は削ることしか考えてなかったから、

今、どこで、買えばいいのかすら分からない。

 

楽しみながら、

お小遣い貯めて、

調べて、

試着に行って、

焦らず、

定価で買いたいと思う。

 

靴 1.5万~2万

ワンピ 1.5万~3万

スカート 1.5万~2万

トップス 1万

コート 5万

くらいかなぁ。

 

必用なのは、春夏秋冬 1コーデ

55くらいまで、使えるもの

 

ZOZO townで見ていたら、

服として好きなのは、ANAYI

しかし、これは、25~30歳の服。

お医者さんとかを捕まえようと、婚活頑張っている女の子の服。

4~5万する、これらの服を買うことのできる、太い実家を彷彿させる服。

私の過ってのマウンティング用戦闘服。

好みなんだよな・・。

いいとこのお嬢さん、若奥様風で・・。

 

しか~し!!!

今後の私には不必要な服だと心しよう!

 

50代の私が着ると、

似合わないし、

身体の線が出ない服が奇跡的に見つかって、

着れたとしても、

その雰囲気にひかれた人が、

私の50代の顔を見たら、ぎょっとするだろう・・。

 

肌はごまかせない。

たるみは顕著。

 

ほら~いたよね。

奇跡的に、金をかけたお手入れで、

この雰囲気をキープできている、痛々しい40代の実家の太い、行き遅れ娘。

そんな感じになってしまう。

 

この服が似合う、娘がいてもおかしくない年齢なのだ。

娘といて、

いいかんじで年取ったお母さんだと言われる「三田恵子」風も

いいけれど、

そんな「良い嫁」風に見られて、私の内面を表しているとは思えない。

 

もっと、自由で、もっと、個性のある存在。

 

服を選ぶセンスはないし、

長年服を見てきたスタイリストが私的に選ぶものは気になる。

 

「自由区」がブランドコンセプトとしては、

私がターゲット層に入るのだろう。

 

試着したりして、

似合うのか試したいけど、

試着に行く服がない・・

対面接客に緊張するという器の小ささ。

 

ネットでみたバーゲン品は、試着できないから、

数買わないのだから、

正規料金でいいや。慌てて買わない。

 

身体に合う服を買おうとすると、

ますは、少し体を絞ってからフィットするもの買ったほうが良くない?

となって、

今は、ダイエットのほうが先!になりました。

夏ものは、身体でるからね・・。

 

さぁ、健康になろう!!

再始動だ!