50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

今が一番コロナが近づいている

ワクチンも接種して、

訪問介護先の高齢者の接種も終わり、

家庭内も、主人も接種済み。

実家の老親たちも接種済み。

子供たちも1回は接種していて、

さぁ、今年のお盆は、久しぶりに実家に行ったり、

夏休みに旅行にもいきたいなぁと思っていました。

 

まぁ、東京はオリンピックで感染者増えるだろうけど、

関東に近づかずに、

家でオリンピックを見て、楽しく過ごそうと考えてました。

 

県境を越えるのはダメだから、旅行はキャンセルしながらも、

外食を気をつけながら早い時間に、店を選んで行ったり、

テイクアウトしたりしながら、

人と触れ合わないよう、海とかぶらぶらして過ごそうかと考えていました。

 

それが・・・

感染者激増で、しかも、若者たちがすごくかかっているので

今が一番身近に迫っています。

 

夏課外に行っている次男のクラスメイトが陽性になりました。

クラス全員、濃厚接触者の可能性があるので、自宅待機です。

すっかりコロナ慣れしていて、

熱中症になりそうな暑さが続いていて、

クーラーをガンガンかけても、なかなか室温が下がらないくらいの暑さで、

これまでは、

マスク着用、窓あけ換気を徹底していた学校内も、

夏休み課外中という開放感もあって、

ほとんどの生徒は、先生がいない時は、マスクをあごにかけ、

クーラーの冷気を逃がさないように、窓は閉められ、

過ごしていたのです。

 

今回の感染力の強さを考えると、

クラスのほとんどが感染していても不思議ではありません。

 

次男も、ワクチン打ったのは、数日前で

クラスで1番乗りだったので、

ほとんどの生徒は未接種です。

次男も、まだ副反応が消えたばかりで、

ワクチンの効果があるような時期ではありません。

 

お盆どうしましょうか・・。

 

私も、コロナが流行りだしてから今まで、ずっと咳やくしゃみもしたことがなく(特に仕事先では)だったのですが、

外を自転車で走って、仕事先につき、クーラーのきいた部屋に入ると、

咳でたり、くしゃみ出たりします。

家に帰りついた時には、

熱中症のようになって、フラフラでたどり着くことも多く、

体調は危うい感じ。

 

クーラーのきいた家にずっといれる日は、全然元気なのですが、

ここ数日は、熱中症アラートが

「命の危険がある暑さ」と朝から絶えずなっていて、

そこに、「コロナこわい!」が重なりつつあるので、

なんか、今まで以上に、危険な感じがします。

 

今、病気になったり、怪我したり、

救急車必要な状況は、

避けたい。

 

気を引き締めて、

コロナ対策します。

接触減らして、乗り切りましょう。

オリンピックでがんばっている選手を見ながら、

私達、コミュニティも、困難を乗り越えていきましょう!

一人一人が、最大限自分にできることを行う。

そうして、乗り越えましょう!!