50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

私達に必要な家の機能

家族4人と義母が同居するとして、

受験生、大学生の男子と、これから介護が必要になってしまうかもしれない高齢者

全く生活スタイルの相いれない2つの家族が一緒に住み始める場合、

かなり広い、しっかりとゾーン分けした生活スペースが

それぞれに確保されなければ、

軋轢を生み、イライラしながら、

お互い我慢がずっと続く状況で、

お互いに、心休まる居場所が奪われた気分になって、

家庭内ネグレクト、または、家族崩壊が起こるだろう。

 

一番弱い人が鬱になったり、

ひきこもりになったり、

誰かがスケープゴートのなったり、

逃げ場のない地獄が始まる。

 

その入り口に今たっている。

 

安易に考えなしに足を踏み入れてはいけない。

 

「親を見るのは当たり前だから」といった嫁に押しつけてきた伝統や

これまで、集団を維持してきたルールを考えなしに踏襲してはいけない。

 

自分の人生や、自分の家族、自分の守りたいものをしっかり守り通すために、

闘わなければならない。

慎重にならなければならない。

 

もし、一緒に住むなら、今ある実家に

なにがあれば、可能だろうか。

 

不便な場所にあるのを補うために、

出し入れしやすい、駐車場は2台以上

各自の部屋が必要で、コロナ下の隔離生活が可能なように、

3部屋は増やしたい。

2階建てにするなら、外階段と内階段、2階にもトイレ、シャワー、キッチン

があると、いずれ、子供たちが巣立った後に、学生に貸し出したりできる。

庭の手入れをしなくていいように、

隣家との境界は草木をなくし、砂利とか雑草対策してほしい、

洗濯物を干すたびに、虫や蚊と格闘したくないので、

草木のない、屋根のある洗濯干し場所、ゴミ出し場所

テーブルの生活

いらない荷物の少ない家

キッチンのシンクの高さや、お風呂もかえたい

手入れが楽で、綺麗が続きやすい、メンテが必要のない

そんな家が欲しい。

 

今後、年を取って、

住む場所を追い出されたりする心配がなく、

絶えず変わる隣人トラブルの可能性にビクビクする必要もなく、

安心して、年を取っていける場所は欲しい。

 

一応、市町村もサービスの充実したところだし、

車さえあれば、そんなに不便でもない。

がけ崩れはなく、浸水被害地域でもない。

 

そんなことを考えると、最悪ではないのだ。

命の危険を感じる、治安の悪い場所でもない。

 

まぁ、どうなるか分からないけれど、

良いようになると信じて、

過ごしていこうと思う。