50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活スタートのはずが、コロナで引きこもり生活が1年以上続く。そんな中での毎日を綴ります。

高校のコロナ広がっている

今までも何度かコロナ陽性者を出しながらも、

ずっと朝から晩まで通常通り授業をやってくれている次男の高校。

男子校だし、部活も盛んな、大規模校なので、

もっと一気に広がってもおかしくないと思いながらも、

入学当初からオンライン授業で始まって、

学校行事はこの2年間なく、

マスクをしたまま、

食事も昼休みも、各々の席で前を向いたまま、スマホをいじるだけなので、

思ったよりも、生徒同士の感染はない。

 

ただ、今回は、各家庭で陽性になった生徒がちらほら出ているらしく、

学級閉鎖のクラスがいくつか、

昨日は、各学年の陽性者数のお知らせが届いた。

 

ニュースを見ていると、

この地域の感染者数が激減しているようで、

街やニュースの雰囲気は、一山超えた感があるのだけれど、

高校生周りの状況はちょっと違うみたい。

 

夏休みが終わったというのが関係しているのだろうか。

(夏休み中も課外で毎日通っていたのだけれど)

 

兄弟姉妹の学校が始まったことも、関係があるのかなぁ?

 

しかし、

うちの次男は、先日ワクチン2回目の副反応で

学校を休んだのですが、

コロナ関連の休みは出席停止、欠席カウントされないので、

書類を提出させられた。

すると、

休んだ日の授業が、オンラインで、動画配信されてきた。

 

すごい!!

 

たまたまタブレットを入学時に購入させられた学年で、

学校としての導入時期が、ちょうどコロナと重なって、

入学時の緊急事態宣言から、

オンライン授業が導入された。

 

先生たちも初めてで、

試行錯誤している様子だったのですが、

コロナのことが分かってくるにつれ、

対面授業を再開し、

押さえるところは押さえて、しっかり感染対策も出来るようになってきた。

クラスがクラスター化しないように、

陽性者が出たときの、学級閉鎖や部活停止も導入。

 

休みが増えて、授業の遅れが顕著になってからは、

行事を辞めて、授業

土曜も、夏休みも授業

出席停止になった生徒へのフォローのための、

動画撮影。

 

ここまで来ました。

 

やれることはやっています。

 

文化祭や体育祭、高校のメインとなるイベントは、去年今年と開かれず、

私の次男は、見たこともありません。

来年あったとしても、伝統を率いていける生徒はなく、

ここで、これまでの伝統は途切れます。

 

地域の祭りも同じでしょう。

この断絶は、コロナ前コロナ後とはっきり見える形で、

将来、文化断絶が起こってくるのでしょう。

 

寂しいような、悔しいような。

ほんと、コロナさえなければ・・です。