50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

中古マンション購入:売買契約を結ぶ

内覧し、その場で申し込みました。

値段の交渉とかもしませんでした。

交渉したら、数十万安くなったりしたかもしれませんが、

不動産屋に

「今日から内覧開始で、既に3件入っている。」

「値段を下げたら優先順位が下がる」

「現金一括だから、優先順位は高いはず」

「今日申し込んだほうがいい」

いろいろ言われているうちに、

ごねたら、少し安くなるかも・・とか

相手の足元を見る余裕もなくなり、言われるがままに申し込んだ感じです。

 

まだ人が住んでいて、内覧と言っても、じっくり見ることも出来ず、

出た後の様子が分からないままだったり、

修繕費の長期計画が分からないままで、近々修繕計画があることが分かっていたり、

駐車場が機械式の下段しか開いてなかったり、

部屋のクリーニングがこちら持ちであったり、

思っていなかったようなことも出てきたのですが、

 

とりあえず、

3月に今の住処を追われるという焦り、

場所が義母の独居近くという限定

あまりファミリー向けのましなマンションがない場所、

今回も、相続で手放すことになったケース、

おもったよりきれいに生活をしていた様子、

値段は、少し高め、必要な部屋数より少ないけれども、

待ったからといって、次々と物件が出そうなマンションではない、

値段も許容範囲、年数も許容範囲、

そういったもろもろの条件から、

ここを逃したくないという気持ちがこちらに会ったのは事実。

 

長期計画の修繕費に関しても、

物件の管理、仲介、施工が、大手で信頼がある、

滞納金額も少なく、積み立てもかなりしている、

今の修繕費が安いので、あがっても許容範囲、

 

狭いけれども、

義母宅に近く、そこの駐車場と1室を倉庫として使うことが可能。

 

また、引っ越し、受け渡しも1月中旬だが、

私達の引っ越しは3月、

リフォームの時間はある

その間の、税金や管理費は2重払いになるが、賃貸でないので、

家賃の2重払いに比べ安い。

 

全て、良いようになっていると思う。

 

義母宅近くで購入という、私にとっては好ましくない状況だが、

一応、中堅都市

交通の便も最悪ではない、

自然もある、

たった一人でそこに住み続けるかは、

これからの人間関係や暮らしやすさによるけれども、

私達が無理なく購入できる範囲で、

必要な経費を最小限に抑えるには、悪くない選択だと思う。

 

主人の思い通りになって、

腹も立つが、

共同でコツコツ貯めてきた貯金以外に、手出しは彼も払い、私も払い、

名義は共同になったので、

まぁ、納得しようと思う。

 

私達だけ、親からの補助がないけれども、

まぁ、教育費貰ったからOK

 

まぁ、すべてOKとなりますように。