50代からの新しい生活!

子育て、転勤生活ひと段落。夫は定年間近。親の介護目前で、ギクシャク。新天地での新生活は、自分の老後も視野に入れながら、始めます。

コロナワクチン4回目受けた

4回目行ってきました。

2週間ほど前、周囲にコロナが迫り、

これまでで一番、身近に感染者が出てるかも・・と危機感を持った時がありました。

 

これまでは、介護の現場では、

万が一感染者がでて、高齢者にうつした時は大変なことになる!!と

濃厚接触者になった時点で、

事務所も、「来ないで!」という感じだったし、

事務所が閉鎖したり、

訪問介護自体を取りやめたり、

家族も在宅勤務とかになっていて、

高齢者自身も「来ないで」というキャンセルも多かったのです。

 

それが、今回は、

とにかく休まないで!

仕事に穴開けないで!というかんじで、

少々の熱なら、カロナールで抑えられるから・・と

解熱剤をあらかじめくれるような雰囲気。

 

ワクチンで副作用があったとしても、

休める状況ではありません。

 

もともと、4回目はもう受けるつもりもなく、

高校生の息子も3回目は受けたくない・・と

ワクチンをこれ衣装受けないつもりでした。

 

でも、息子は、学校閉鎖で受験勉強が出来ない状況に危機感を感じて、

周囲でこんなに流行っているのに、

通常通りの生活をするには、やはり「ワクチン打ったから」という後押しがなくては、

やはり不安で、

しぶしぶ3回目を打ち、

 

私は、仕事にいくのに、「私は大丈夫」という後押しのために、

4回目を打つことを決めました。

 

モデルナが、気持ちの面から、しんどくかんじたので、

今回は、ファイザーの打てるところを検索。

 

日に日に感染者数が多くなって、

見る見るうちに、予約が埋まっていきました。

どうにか、少し離れた病院を予約。

個人経営の耳鼻科でした。

 

午後一番に行ってみると、

夏休みのせいか、子連れ患者が待機。

走り回っている子供の中にも、コロナ陽性者いるんだろうなぁと危機感。

 

空気清浄機近くで、待っているうちに、

私のように、ワクチンを受けに来た高齢者も増えてきて、

カオス。

同じ小学校なのか、久々のお母さん同士がワイワイ。

その横を、くしゃみをしながら、子供がクルクル。

コロナになったら、やばい高齢者が静かに待機。

そんな待合室で、数時間待ち。

 

ワクチン受けにきた方が、感染リスク高くないか?これ・・と

思いながらも、接種!

 

一応、自分を甘やかすために、

アイスやプリン、ゼリーを買い込み、

帰ってからは、早々に、シャワーを浴びて、明日の用意も万端。

 

半日、ダラダラしながら、ゆっくり過ごし、

次の日は、腕の痛みはありましたが、熱もなく、

朝から、仕事に駆り出され、

熱中症リスクと闘いながら、

ダラダラ。

 

熱も出ず、たいした副反応もなく、30時間経過。

 

今回のピークでも、コロナにかからず、過ごせますように。

がんばりましょう!!